【六龍法占い】本音で生きる・道を開く開拓者「空龍」とは

六龍法についてお知りになりたい方は、こちらの準備編・基本編をご覧ください。
また、あなたがどの「龍」にあたるかはこちらのサイトからお調べください。

ワンランク上の開運メソッド「六龍法」で運を味方に 準備編
こんにちは。今回から新しいシリーズをスタートすることに致しました。お伝えするのは「六龍法」私が学び、実際の鑑定に活用させていただいている北極流占術のひとつです。まずは、動画をご覧ください。この「六龍法」の神髄。自...
ワンランク上の開運メソッド「六龍法」で運を味方に 基本編
六龍法の世界へようこそ。準備編からかなり時間が空いてしまいました。申し訳ありません。「六龍法」第2回目今回は基本編でございます。早く内容が知りたいですよね。でも、何事も基本が大事なのでございます。ぜひお付き合いいただけれ...

空龍

「空龍」のあなたは、創始者としての役割を持ちます。
ゼロから何かを始めていくエネルギーを生まれつき持っています。

空龍の特徴

何をやっても嘘のつけない正直者。独創性豊かな、信念の人です。性格は、明るく華やか。活動的、頑固かつ正直者。歯に衣を着せず、ズバズバとモノを言います。

人目を気にしていたり、メンツを保とうとしたり、空気を読みすぎたり、無難にしようとすると、タイミングを逃します。空龍の人は、大胆かつ素直。「これ!」と決めたことに対して、玉砕覚悟で飛び出せる勇気があります。

一度自分の道を決めて貫いていくことで、幸運を引き寄せます。少々わがままであっても、徹底的に貫き、こつこつと努力精進しながら、年輪を重ね、自分というオリジナリティを作っていく人生です。

空龍の開運の秘訣

「すべてに対する感謝」。生涯、自分自身の進む道に満足せず、全てから学び続けて、成長し続ける。そういう生き方をすれば、自然と周囲に感謝する気持ちが芽生えてくるでしょう。「すみません」ではなく、「ありがとう」で日々過ごしてください。

そして、親・家系・目上の人からの庇護から離れ、独立して我が道を歩むことで開運します。自分の家族だから愛する、という区別の心を手放すことです。「私の、私の…」という自己意識を離れ、家族という枠を越えて、仲間、他人、そして全体の幸せを祈る。偏見もない、見下すこともない、上下関係もない、青く澄み切った空のように、なんのわだかまりもない心で人に接する。これが開運の極意です。

空龍の有名人

小泉純一郎、菅直人、舛添要一、タモリ、明石家さんま、松本人志、浜田雅功、桑田佳祐、上戸彩、柴咲コウ

空龍のパワースポット

金毘羅宮、彌彦神社、椿大神社、諏訪大社

空龍についてブログと動画でも詳しくお話しております。こちらもあわせてご覧ください。

ワンランク上の開運メソッド 「六龍法」 で運を味方に  『空龍』「創始者」としての役割、ゼロから何かを始めていくエネルギー。独創性豊かな信念の人。
六龍法の世界へようこそ。「六龍法」第6回です。まずご自分が何龍かをお調べください。こちらで調べることができます。北極流占い 羽賀ヒカル氏HPお判りいただけましたか?さあ、「空龍」をご紹介しましょう。まずは、映像か...

おしらせ

いかがでしたか?こうした六龍法で読み解く性格や性質、キャラクター、ポテンシャル、可能性を活かしきれている人はほとんどいません(私もまだまだです)。

でも可能性があることが分かれば、方向性が定まりますし、俄然やる気にもつながります。

本当の自分を知ることでありのままの自分を知り、ありのままを越えて、自分の可能性を見つけ、自分の未来を信じて、悔いなく生きることができると思います。

ぜひ皆さんも本当のポテンシャルを見つけてみませんか?
もし少しでも興味がございましたら開運鑑定をおススメいたします。自分のことを知り、考え方が変わると人生は180度変わります。

開運鑑定
生年月日から「本当のあなた」を解読する宿命診断をベースに、あなたにとって最高に幸福な未来を実現する方法をお伝えします。「心が軽くなった」「やるべきことがはっきりした」―そんな多くの声をいただいております。あなたがあなたらしく生きられるまで何度でもお付き合いいたします。

自分の力で「本当の自分を知りたい」という方にはセミナーもございます。

動画講座:自分でわかる「本当の自分」発見講座
日本で最も有名な占い【九星気学】と【東洋占いの基本・陰陽五行】に北極流のエッセンスを加えて、自分の知っているキャラと気が付かなかったキャラを見つけることのできるメソッドを、動画にまとめました。

オンライン講座:自分を変える!人生を変える‼開運運命学「基礎」講座
動画講座は「知らなかった自分を知る」ことを目的にしていますが、こちらのオンライン講座では「知らなかった自分を知る」+「本当の自分らしく生きる」ことを目的にしています。

タイトルとURLをコピーしました