心の闇をクリーニングする大事な習慣。

こんにちは。開運CANNONコンサルタント 柴山幸一郎です。

冒頭ですが。

京都アニメーションの事件に際し、
犠牲になられた方々のご冥福をお祈りいたします。
また、被害にあわれた方々の、一日も早い回復をお祈りしております。

痛ましい事件が起きてしまいました。
私たちが住んでいる現代には、
心の闇が広がっている気がして仕方ないです。

心の闇はいつできてしまうのか。
心の闇とは、潜在意識の傷です。

潜在意識の傷とは、
これまでの人生で起き、経験してきた辛い出来事、傷ついた出来事。
その経験が、心の闇になりやすいのです。

では、傷ついた経験がある人は、必ず闇を持つのか。
そうではありません。心が闇に覆われないことも、できるのです。

私たちは、自分の心の闇について、知ること、考えること、対処することが大事です。

また、私たちの日々は、天から、そして地球からのエネルギーの影響も受けています。

干支と言う言葉をご存知だと思います。
干支は、
干=天から降り注ぐエネルギー
支=大地から発せられるエネルギーを
その象徴的な言葉を使って表したものなのです。

ですので、この干支から、自分たちが今、どう影響を受けているのかを知ることができます。

干支は、年、月、日ごとに変化していきます。
この3つのエネルギーがまじりあい、私たちに影響を与えます。

今年は、改元されましたよね。
平成から令和へ。令和、零ゼロで和する、原点回帰の年。

今年の干支は、己亥。
「誠実」「素直」「予測不能」「浮き沈み」「自我が強い」「プライドが高くなりやすい」
自分の居場所を求めたくなりやすいのです。

そして、今月の干支は、辛未。
「単独行動」「正直」「真っ直ぐ」「人を簡単に信用しない」「用心深い」「抱え込む」

さらに、今日の干支は、丙辰。
「忍耐力」「メンタル強さ」「波乱」「突進」「後戻りできない」
自分のためではなく、みんなのため。

昨日は、そんな日だったのです。

自分の心の状態がポジティブであれば、干支から受け取るエネルギーを学び、成長につなぐことができるのです。

しかし、自分の心の状態がネガティブであれば、受け取るエネルギーがマイナス面を増長し、ネガティブを増長していくことになってしまいます。

今回の事件、まだ動機も何もわかりません。
ですが、犯行を犯した男の心が、闇に覆われていたのは間違いないと思います。
心が闇で包まれてしまえば、もう、自分の魂の声を聴くことができません。

そして、この心の闇は、取り除くことがかなり難しいのです。
だから、自分の心が闇に覆われない工夫は、とても重要なことなのです。

その工夫は、日々の生活の中でできます。

  • なるべくネガティブに触れない。
  • 殺人・事件・誹謗・中傷などのニュースになるべく触れない。
  • ネガティブを翌日に持ち越さない。
  • 今日できなかったことを後悔しない。
  • 部屋を整理整頓して、ネガティブをため込まない環境を作る。
  • きちんと食事をいただいて、光のエネルギーを補給する。
  • 白湯を飲む、入浴をして、心身ともに浄化を心がける。
  • 時には、神社へ出向いて、神様のお力で浄化していただく。
    神社に降り注ぐ、光のエネルギーで浄化していただくのです。

昔から私たちのご先祖様が大事にしてきた生活習慣こそ、心の闇をクリーニングする大事な習慣だったのです。

今、私たちは、もう一度自分たちの生活を見直す時なのだと思うのです。

公式LINEアカウントでは、本当の自分に目覚める「開運体質」をつくるアドバイスをお伝えしております。登録いただいた方には生年月日をもとにしたあなただけの鑑定動画をプレゼント。無料ですので、ぜひご登録ください。

タイトルとURLをコピーしました