【六龍法で運を味方に】『月龍』一見大胆、内面は繊細。無明の闇に迷う人を救う。

六龍法の世界へようこそ。

お待たせ致しました。
今回から、「六龍法」でお伝えしている、
六種の龍について、ご紹介させていただきます。

六龍法についてお知りになりたい方は、こちらの準備編・基本編をご覧ください。
また、あなたがどの「龍」にあたるかはこちらのサイトからお調べください。

ワンランク上の開運メソッド「六龍法」で運を味方に 準備編
こんにちは。今回から新しいシリーズをスタートすることに致しました。お伝えするのは「六龍法」私が学び、実際の鑑定に活用させていただいている北極流占術のひとつです。まずは、動画をご覧ください。この「六龍法」の神髄。自...
ワンランク上の開運メソッド「六龍法」で運を味方に 基本編
六龍法の世界へようこそ。準備編からかなり時間が空いてしまいました。申し訳ありません。「六龍法」第2回目今回は基本編でございます。早く内容が知りたいですよね。でも、何事も基本が大事なのでございます。ぜひお付き合いいただけれ...

お判りいただけましたか?
では、今回は、「月龍」をご紹介しましょう。

月龍

「月龍」のあなたは、物事を詮索する哲学者であり思想家
常に考え続ける“知恵者”としての役割を持ちます。

月龍の特徴

月龍の象徴は「夜空」。夜の世界は、繊細な明るさを投げかける月があり、昼のざわめきでは聞こえなかった声がかすかに聞こえてきます。そんな繊細さと慎重さを兼ね備えています。一見大胆に見えますが、実はとても繊細。人前で明るく活発に見えても、どこか陰があり、神秘性を感じさせます。完璧主義。細やかな思考と、飽くなき知識欲から、目標を明確にしたときの情報のキャッチ、真実を見通す力、先を読む洞察力、回転の速さは六龍の中で一番です。まさに霊力の持ち主です。

我慢強く、負けず嫌い。「これでいい」と思ったらすぐに小さな疑問が生じてきて、なかなか納得しない。常に最高のものを求めて、粘り強く、時間をかけてよりよいものを作ります。闇夜に光る星を見つけるように、苦しみの中に“楽”を見出し、葛藤の中から“ひらめき”を得て、どん底の中で知恵を生み出す。その光で誰かの人生の暗闇を照らし、窮地に活路を見出す。それが月龍の役割であり、最大の魅力です。

ただし、常に思考するがゆえに、現状への不安、周囲への不満を抱きやすい性質でもあります。極端になると心を閉ざします。疑いの気持ちをどこへ向けるかです。「闇を知ること」から人生が始まるのです。

月龍の開運の秘訣

その疑いに満ちた世界の中で、信じるに値する絶対的な“何か”を見つけることこそ、月龍が品上がる秘訣。「この人のために生きる」「これを極める」「この目標を実現する」といった中心が定まると、思考は秩序を持ち始めます。

明晰な頭脳を持つ故に“何を考えるか”が大事です。自分でできないことや、人への不満、過去の心残りを回想すると頭がショートします。人様の幸せのために、自分ができることは何か。それを日夜問いかける。すると、月龍は、その才能を発揮し、人に希望や知恵を与える存在になるのです。そして、光と闇を同時に見ること。

月龍の有名人

明治天皇、本田宗一郎、松下幸之助、孫正義、三木谷浩史、長嶋茂雄、松坂慶子、秋元康、細木数子

月龍のパワースポット

月山神社、太宰府天満宮、春日大社、大麻比古神社

月龍の皆様へのメッセージ

「疑いの中を生きる月龍は、問うて問うて求めた先に、
もはや疑いようのない真実に出会う。

まさに、不変なる北極星に、あなたは北極星を見つけるために、
この世に生を受けたのだ。紺碧の夜空に星々を望み、
いかなる時も闇夜の中に、光を見よう。」

師匠 羽賀ヒカル氏が執筆された
「龍の神様と出会うたったひとつの方法」
に記載されている一部です。

非常に繊細でピュアでナイーブな月龍。

月龍の人生は、年を重ねれば重ねるほど充実していくのが特徴です。
心が清らかで素直、しかも本質的なことしか見えない月龍は、
人生の初期、傷ついたり、不遇な目に合ったり、
周囲にどことなく違和感を感じることが多いでしょう。

ですが、成人して恋愛、結婚する時期になると、
そうした性質がようやくプラスに働きはじめます。
恋愛、結婚を経て、三十代になるころようやく、
月龍の高い波動が周囲に認知され、輝きを見出しはじめます。

ただし、内部は、何も変わることがありません。
昔から変わりなく、見た目にも周囲にも惑わされず、
本質的なことに目を向け、内面を磨いていった結果に過ぎません。

月龍の人は、人生後半の逆転に浮かれることなく、
変わることのないまま、最終的にはとても成功した人として、
幸福な人生を送ることができるようになります。

●上品(運の上げ方)
人生の目標、指針を持ち、
自分ではない誰かがどうすれば幸せになるかを考え続ける。
知恵者としての役割を全うする。

●下品(運の下げ方)
自分のことで永遠と悩み続けネガティブになる。
思考が整理されておらす、頭の中が混沌とした状態

☆開運の秘訣
1.人生の指針を持つ。
2.自分でない、誰かのために考え抜く。

次回は「地龍」を紐解いていきます。

【六龍法で運を味方に】『地龍』マメで抜群のサービス精神、あたたかさと誇りで人を支える。
ワンランク上の開運メソッド「六龍法」。六種の龍の中で「地龍」を持つ人についてお話いたします。全てを引き受け、整え、支えていくエネルギーの持ち主。組織の中の“摩擦解消役”が役目の地龍。その特徴と開運の秘訣とは。

おしらせ

いかがでしたか?こうした六龍法で読み解く性格や性質、キャラクター、ポテンシャル、可能性を活かしきれている人はほとんどいません(私もまだまだです)。

でも可能性があることが分かれば、方向性が定まりますし、俄然やる気にもつながります。

本当の自分を知ることでありのままの自分を知り、ありのままを越えて、自分の可能性を見つけ、自分の未来を信じて、悔いなく生きることができると思います。

ぜひ皆さんも本当のポテンシャルを見つけてみませんか?
もし少しでも興味がございましたら開運鑑定をおススメいたします。自分のことを知り、考え方が変わると人生は180度変わります。

開運鑑定
生年月日から「本当のあなた」を解読する宿命診断をベースに、あなたにとって最高に幸福な未来を実現する方法をお伝えします。「心が軽くなった」「やるべきことがはっきりした」―そんな多くの声をいただいております。あなたがあなたらしく生きられるまで何度でもお付き合いいたします。

自分の力で「本当の自分を知りたい」という方にはセミナーもございます。

動画講座:自分でわかる「本当の自分」発見講座
日本で最も有名な占い【九星気学】と【東洋占いの基本・陰陽五行】に北極流のエッセンスを加えて、自分の知っているキャラと気が付かなかったキャラを見つけることのできるメソッドを、動画にまとめました。

オンライン講座:自分を変える!人生を変える‼開運運命学「基礎」講座
動画講座は「知らなかった自分を知る」ことを目的にしていますが、こちらのオンライン講座では「知らなかった自分を知る」+「本当の自分らしく生きる」ことを目的にしています。

バックナンバー

それぞれの龍との相性についてはこちらの記事をご覧ください。

【六龍法で運を味方に】相性診断
六龍法の世界へようこそ。今回はご相談内容でとても多い、皆さんがとっても関心を持たれている相性診断@六龍法をお伝えします。内容をお伝えする前に、ひとつだけ。相性には、良いも悪いもありません。あるのは取り組むべきテーマです。その...
タイトルとURLをコピーしました