耳に痛い言葉

成長のヒント

こんにちは。

最近、耳に入れたくない、痛い言葉を言われた、そんな経験はありますか?

自分にとって真実を語っている言葉というのは、えてして耳に痛い言葉であることが多いですよね。

特に調子がいい時ほど、人は有頂天になってしまいやすく、そんな時に、ちょっと痛いことをいわれるとむっとしますが、冷静に考えてみると、真実をついた忠告であることも多いのです。

どんなに仲の関係であったとしても、人間関係では、意見が対立したり、考えが違うことは必ずあります。

相手のことを本気で考え、相手の成長を願う。
そういう気使いの気持ちを持つことで、
お互いにより深く理解しあえると思います。

人はいくつになっても、人と人とのふれあいが人生を豊かにしてくれるものです。

苦言をいやがらず、素直に誰とも会話できる。そんな、心温まる自然の会話術を身につけたいものだと思うのです。

公式LINEアカウントでは、本当の自分に目覚める「開運体質」をつくるアドバイスをお伝えしております。登録いただいた方には生年月日をもとにしたあなただけの鑑定動画をプレゼント。無料ですので、ぜひご登録ください。