どう伝えたかよりも、どう伝わったかが大事

こんにちは。

週の始まりですね。
テレワークにも慣れてこられたのではないでしょうか?

私も、鑑定、勉強会ともにテレワーク。
以前と比べて、慣れては来ましたが、
まだまだ。
ああ、ああ言えばよかった、と
思うことばかりです。

<成長のヒント>
 ①自分が言いたいことを、自分が言いたいように相手に言う
 ②自分が伝えたいことを、相手が聞きやすいように伝える
 ③相手に今必要なことを、相手が聞きたかったように伝える

占いの仕事を始めたとき。
お客様からの質問に答えるのが精いっぱいで、
私のコミュニケーションスタイルは①だったと思うんです。

でも、少し余裕が出てきてからは、
②を意識できるようになったと思います。

ある意味で、婚礼司会に似ています。

でも、占い師に求められるスキルは、③
意識してコミュニケーションをするように
オンラインではなおさら必要だと思うのです。

お客様が絶望されないように。
人生にあるチャンスに気づいていただけるように。
人生が好転するためには、産みの苦しみも必要だと。
一歩踏み出す、その背中をそっと押すこと。
そして、お客様が自然に一歩踏み出せるように。

オンラインは簡単最速だけではない。
オンラインだからこそ、丁寧に時間をかけることで
伝わっていく。

まだまだ、勉強。まだまだ、成長中です。

YouTubeチャンネル「同性愛で占い屋 CANNONしばやま」では、視聴者からのご質問にお答えしたり、誰でもできる開運方法をお伝えしたり、皆さまの開運のヒントに拘ったチャンネルです。ぜひYouTubeチャンネルにご登録ください。
さらに無料動画講座「開運のための7つのCANNONルール」では、日常の過ごし方に取り入れるだけであなたを開運へ導く7つの開運方法をお届けします。実践していただければ、運の流れは必ず変わります。よろしければこちらもご登録ください。