2020年を生きるヒントは12年前&24年前の自分にある

ブログ

「歴史は繰り返す」という言葉が、近ごろ頭の中をよぎります。
そういえば、今年の年頭に、師匠からもそう聞いていたような気がします。

今年は子年。12年サイクルのはじまり。
今年何かを始めるといいというのは、子年の影響でもあります。

私の場合
12年前 占いを始めた。
24年前 会社員を辞め、芸能界に専念しはじめた。
36年前 将来プロになりたいと考えていた。

36年前は具体的ではなかった夢も、
24年前には具体的になり、
12年前には全く違がやりがいのある夢へつながっていきました。

もし、子年に起きるタイミングに一歩を踏み出さなかったら、今はないと思います。

2020年の今年。今起きている出来事は、これまでの想像や経験をはるかに超えています。これから起きるであろう未来は、予測不可能です。

でも、だからこそ。
きっと大きな時代の変わり目であり、それは、私たち次第なのだと思うのです。

子年、ねずみ、ネズミ算。どんどん数を増やしていきます。

84年 マックに始まるPC
96年 O157 エイズ
08年 リーマンショック
そして、
20年 新型コロナウイルス

もしかしたら、今年誕生する何かが、これからの時代を担っていくことになるかもしれません。

ぜひ、子年に皆さまに起きたことを見直してみてください。シンプルに、自分のやりかたったことが見えてくると思います。見つけたら、あとは、行動あるのみ、ですね。

公式LINEアカウントでは、本当の自分に目覚める「開運体質」をつくるアドバイスをお伝えしております。登録いただいた方には生年月日をもとにしたあなただけの鑑定動画をプレゼント。無料ですので、ぜひご登録ください。