「日本らしさ」に開運のカギ。

こんにちは。開運CANNONコンサルタント 柴山幸一郎です。

夏休みもいよいよラストですね。
お盆休みから1週間、身体と心は日常になれましたか?
今週は、お疲れだっと思います。
ご苦労様でした。

旅先で、帰省先で会社へお土産を買う機会が減っている
というニュースを見ましたが、
こういう気遣いこそ、日本人の感性だと思うんです。

実は、特産品って、その土地の人々のココロが作っているんです。
その土地の人々のココロは、その土地に住まう神様が作っています。
お土産は、神様の御心のおすそ分けなんです。

各地の神社には、見えない微生物がいます。
その微生物には性格があり、その地域全体に影響を及ぼします。

京都のお土産は京都の神様の
名古屋のお土産は名古屋の神様の
人間を思う御心が形となっているのです。

日本には八百万の神様がいます。
日本らしさとは、八百万
沢山のものが混然一体となりながら、ひとつにまとまっていくのです。

様々な多様性を認め合うこと。
裁くのでなく、認め合う。

ちなみに、砂漠は古に戦いが行われた場所。
裁く=砂漠となったものです。
日本には、砂漠はほとんどないですね。

昨今は人が人を裁く場面が多くなってきたような気がします。
裁くのではなく、認め合う。

ここに、これからの時代の、開運の大基本があるような気がしてなりません。

公式LINEアカウントでは、本当の自分に目覚める「開運体質」をつくるアドバイスをお伝えしております。登録いただいた方には生年月日をもとにしたあなただけの鑑定動画をプレゼント。無料ですので、ぜひご登録ください。

タイトルとURLをコピーしました