水のように生きる

成長のヒント

こんにちは。
寒い毎日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?

緊急事態宣言が決定となったようですね。

最近の世情を目にすると、大の大人の争いが表面化しているように思えてなりません。

確かに、現代社会では、私たちは、一歩外へ出れば、つねに戦いが待ってると言えますよね。出世競争、成績の競争、権利を争う競争、などなど。

そして子供のころから、人より良い成績を取れば優秀で、社会に出れば、出世した人が偉い、と当然のように教え込まれてきたと思うのです。

しかし、もうその常識では、新しい時代は最高に幸福にはなれない。運命学ではそう考えています。

古典でも、

そんな無益な競争はやめて、さらさらと重力の法則にそって、
抵抗することなく流れゆく水に、本当の生き方を学びなさい

と教えています。

確かに水は高いところから、低いところへと、逆流することなく流れますね。やがてその長い旅を終えて大きな海に流れ込みます。最も低いところにある海は、たくさんの川の水を飲み込んで、静かにたたずみ、多くの生命を育んでいます。

時に災害では私たちに牙をむきますが、また落ち着けば、何もなかったかのように、静かにそこにあります。

静かに寄せては返る波の音を聞いているだけでも、心が癒やされますよね。僕は海の近くで生まれ育ったせいか、水の音を聞くと、心身ともに緩むような気がします。

デジタル化した社会で疲労した脳が、生き生きとよみがえるような、そんな気持ちになれます。この海が私たちに与えてくれるエネルギーは何なのでしょうか?これこそが天地自然の流れのままに生かされる「気」のエネルギーなのです。

私たち人間にも、この「気」というエネルギーが体内に流れており、
天地自然の強い気の流れに対抗することなく、
その流れに沿った生き方を見つけて行くことが、
健康と元気の基本であり、また最も本当の幸せに、豊かに生きられる道

と古典は教えてくれているのです。

では私たち人間が、どのようにして、水になれば良いのでしょう。
どのように行動すれば、それが天地自然に沿った、健康な元気な生き方となり、幸せへの道となるのでしょうか?

その最も簡単な答えは、まずは受け入れることから始めることなのです。

水はどんな形の器にも、そのまますっと流れ込みます。対立がありませんまず、その姿から、学ぶのです。

ところが私たち人間は、特に大人は、なかなかそれが出来ません。そのまま受けいれたら負けになると、どこかで思っていたりします。

ところが、まず受けいれるということは、負けではないのです。まず、そのまま「はい、そうですか」と受けいれることで、相手はふっと気が和みます。

そこから本当の対話が始まるのです。
そこから改革改善、創意工夫が始まるのです。

今日から実践してみませんか。
雄大な天地自然の姿に学び、水に学ぶことで、きっとこの先の不安を解消し、未来に向けての一歩を踏む出せるのだと思います。

公式LINEアカウントでは、本当の自分に目覚める「開運体質」をつくるアドバイスをお伝えしております。登録いただいた方には生年月日をもとにしたあなただけの鑑定動画をプレゼント。無料ですので、ぜひご登録ください。