【大開運2021】【開運九星気学2021】三碧木星2021 後半の運勢と開運法『感動・共感・尊敬』

【大開運2021】へようこそ。
そして、開運九星気学2021にご興味をお持ちいただきありがとうございます。

私たちの運の流れ=バイオリズムは常に変化をしています。
2021年も6月を迎え、バイオリズムはこれから後半です。

前回から始めた新企画。
今回は三碧木星2021 後半の運勢と開運法をお話しました。
どうぞ、ご覧ください。

三碧木星2021を取り囲む運のエネルギーはかなり慎重です。
ダッシュしたくても、足がなかなか前に出せません。
何かにつけ、足踏みするような気持ちになりやすいのです。

三碧木星は韋駄天。
思い立ったら駆け出して、立ち止まらずにあちこち。
動きが先で後から考えるタイプです。
その三碧木星にとってじっくりは得意ではありません。

得意でないからこそ、いい。

ナンバーワンでなくてオンリーワン。

自分のできることは何か。
それは、誰のためのものか。
誰のために何をして、
どう形にしていくのか、残していくのか。

これは三碧木星100人いたら残したいものは100通りあります。
だから、オンリーワン。言い換えれば自分らしさ、そして、自信。
それを見つけ、しっかりと根差していくのが2021年のテーマです。
きちんと足元を見つめるには、しっかり考えるには、時間と手間が必要なのです。

2022年から三碧木星は本領発揮。
韋駄天としての役割が待っています。
そのための2021年。しっかり準備をするときなのです。

そして、そういう生き方を、じっくり自分と向き合う三碧木星の言動は
周囲の人の感動を生み、共感を育み、時に尊敬のまなざしを集めます。
三碧木星にとって、このうえない幸福感です。

今、目の前に見えない壁が立ちはだかっていると感じられている方へ。
今、自分は運が悪い、うまくいかないと考えている三碧木星さんへ。

そうではないのです。今は実力を蓄える時です。
コツコツ積み上げていく時です。
学ぶ時であり、磨くときです。

さあ、気持ちを切り替えて。あなたの最も魅力的なその笑顔で。
どうぞ、周囲を明るく照らしながら、未来へ向けて
一歩また一歩と歩んでください。

本当の勝負の時は、間もなくです。