お金を使って人に喜びを。誰でも出来る金運アップの秘訣

こんにちは。今日は金運のお話です。

私自身「あまり金運がないな」と思う時と「あ、金運ちゃんとあるな」と思う時とあります。ただ、「これくらい収入があったらいいな」という願いは、本当に叶わないのです。でも、ちゃんと生活できる収入は確保できています。

このメカニズムがわかった時に、すごく、ストンと腑に落ちたというか、必要以上の物欲が無くなりました。

買ったモノに関わる人の幸せをイメージすると、お金は返って来る

お金は「循環」するものです。貯めておくよりも、使うことで人様のお役に立てる。例えばモノを買う際に、そのモノに関わっている沢山の人たちが幸せになるようなイメージを持つと、お金は返って来ると言われます。

「沢山の人に喜んでもらいたいのでお金を使う」→「喜んでもらった結果、お金をいただく」→「また、沢山の人に喜んでもらいたいのでお金を使う」という流れでお金は巡ってくるのです。

私の場合も、最近売り上げが増えてきているのですが、それは関わる人が圧倒的に増えてきているからだと思います。人との接点が増えたことにより、交通費や会食、洋服を買う、パソコンを買うなど、お金を使うことが増えました。その結果、入って来る分と同じくらい、出て行くのです。これで帳尻があっているのです。

算命学では、金運人のお世話をする運は、同じ宿命星となります。ということは金運を持っていない方は、あまり人との接点に興味がないという星回りでもあります。「自分はあまり金運がないな」と思っている方は、人付き合いを面倒だと思っていませんか?

金運アップしたければ、誰かにおごる

そこで、ある人は「金運を上げたければ、ごちそうしろ」と仰っていました。その人のために、その人が喜んでもらうためにごちそうすると、それが巡って返ってくると。

最近は、お中元やお歳暮という習慣もなくなりましたけれども、こうした習慣も、お金を使ってモノに変えて「ありがとうございました」と贈ることによって、良い気が循環していくことに繋がると思うのです。日本の風習もなかなか凄いですよね。

金運アップするために、世のため人のために尽くす

神様が金運を与える人・与えない人、この差は何かというと「世のため人のために尽くしているかどうか」。そうした人に金運を授けて、その金運を使って様々な活動をすることによって、世の中を良くしたり、経済を回すことで運気を上げていくことがあるらしいのです。

つまり儲けたお金は、社会に還元していく役割があるのです。自分が儲かることだけ考えていると、どこかでお金が出ていく状況がやってきます。その最も特徴的なことが「病気」です。必要以上のモノを持っていると、病気という形で出て行くのです。

だからお金は「循環」です。

金運アップするために、お金に「ありがとう」と言う

お金に「ありがとう」と言うと、その「ありがとう」がお金を受け取る相手にも伝わっていって、それが巡り巡っていきます。

これから年末年始、人との出会いや接点が増えてくると思います。その際には面倒くさいと思わずにお役目をいただいたと思って、お伝えした内容を実践してみてはいかがでしょうか。

公式LINEアカウントでは、本当の自分に目覚める「開運体質」をつくるアドバイスをお伝えしております。登録いただいた方には生年月日をもとにしたあなただけの鑑定動画をプレゼント。無料ですので、ぜひご登録ください。

タイトルとURLをコピーしました