【大開運2021】【開運九星気学2021】二黒土星2021 後半の運勢と開運法『本質』

【大開運2021】へようこそ。
そして、開運九星気学2021にご興味をお持ちいただきありがとうございます。

私たちの運の流れ=バイオリズムは常に変化をしています。
2021年も6月を迎え、バイオリズムはこれから後半です。

前回から始めた新企画。
今回は二黒土星2021 後半の運勢と開運法をお話しました。
どうぞ、ご覧ください。

二黒土星は、今年一年「坎宮」のお部屋にいます。
このお部屋にいる間にした方がいいことは、「計画を立てる」こと。

坎宮はバイオリズムのスタートを司る場所。
ここから9年間かけて、運勢という波に乗りながら成長進化の旅を続けていきます。

最初が肝心、という言葉どおり、物事は始めがかなり重要です。
準備がどれだけできているかによって、現実は大きく変わります。
ここでしっかり計画を立てることは、とても重要です。

運の流れを読み解くと、スタートとして最適なのは10月から11月。
ここでフライング気味でもスタートを切っておくことで、
そのあとの運勢の波に乗りやすいのです。

ということは、準備期間はあと半年くらいしかありません。
計画をどんどん練り上げていく必要があります。

計画を立てる上で、とても大切なことがあります。それは、
〇誰のためにするのか
〇何のためにするのか
計画の骨子、本質です。この本質のことを、私はよく「自分軸」と言ったりします。

「自分軸」がしっかりしていれば、この先に待ち受けている困難苦難も何のその。
周囲のネガティブに影響され、計画がブレてしまうなんてことはありません。
(周囲のネガティブってかなりやっかいなので、またいずれお話します。)

二黒土星2021。スタートの年の後半は、
「本質」を見つけ出し、これからの未来計画に反映させていくこと
どうぞ、持前の粘り強さで、しっかりと計画を練り上げてください。

計画立案に迷われたら、どうぞ、遠慮なくお声がけくださいね。
一緒に、あなたの本質を見つけていきたいと思います。

どんなことにも『本質』を。ぜひ心にとめてくださいね。

YouTubeチャンネル「開運目覚めチャンネル」では、視聴者からのご質問にお答えしたり、誰でもできる開運方法をお伝えしたり、皆さまの開運のヒントに拘ったチャンネルです。ぜひYouTubeチャンネルにご登録ください。