【吉方位・凶方位】気にすべきポイントはここ!

本日の話題は方位です。この時期になると来年はどんな一年になるのかとお話される方が多いですが、来年の恵方はどこかという質問も結構いただきます。では、実際に方位に良い悪いはあるのでしょうか?

実際、方位に良い悪いはあるの?

正直に言うと、良い悪いはあります。ありますが、ずっとその方角が悪い訳ではありません。方位のエネルギーも1年ごと、1か月ごと、時間ごとで刻々と変化をします。恵方も年ごとに変わりますよね。

だから私たちにとっての良い方位も毎年変わっていくのです。2月4日の立春から変わると言われていますが、実は、もう12月ぐらいから来年の方位のエネルギーが少しずつ入っています。

方位というのは八方位あります。それは自分の今住んでいる場所から見て「北・南・東・西・東南・南西・西北・東北」という8つの方位になります。吉方位はその中で、自分にとって良いエネルギーがそこに降りているから、そちらに行くと運が上がるという方角です。

方位取りをしたくても、実はほとんど凶方位?

この吉方位へ行くことを「方位取り」と言って、縁起担ぎとして広く知られておりますが、実は方位のほとんどが凶方位なんです。となると、本当に厳密に方位取りをやり過ぎると、もうどこにも行けなくなってしまいます。

方位を気にするのは引っ越しの時だけでよい

そうなると、方位を気にした方が良いのはどういう時かというと、それは引っ越しです。

人が住む環境にはそれぞれ環境のエネルギーがあります。そこに降り注いでいるエネルギーをどう受け取るかによって運気も変わります。自分にとってプラスのエネルギーの場所に行くことが開運の一つの方法でもあるので、引っ越しの際は方位を見ていただきたいです。

あとは、100km離れた場所へ1か月以上滞在するような旅行の際も方位を見ましょう。それ以外はもう気にしなくて良いです。よく「今年ハワイに行こうと思ってるんですけど、大丈夫ですか?」といった質問を受けますが、吉方位の時期に行くのが良いというのはあるものの、そこまで気にすることはありません。

わざと凶方位を取って成長する方法も

例えば、会社の所在地にも今年は吉方位だけど来年は凶方位というのがあります。だからといって今年は調子が良いけど来年は調子が悪くなるなんて、そんなことありえません。もちろん影響はおきますが、それは必要なことでもあります。

また、どうしても打ち破れない、どうしても自分の中で手放すことができない、そんな自分の人生をどうしても変えたい時、一旦運気を落とすためにわざと凶方位を取るというやり方もありますが、かなり高度のテクニックになります。

そこまで考えてやるのであれば、私もとことんお付き合いさせていただきますが、通常は気にしなくてよいです。ただ、引っ越しだけは気にしていただきたいので、ぜひ観てもらいましょう。

吉方位も凶方位も思い込み?

例えば、出張で凶方位に行くという状況もあると思いますが、それはもう抗えないですよね。その抗えない事を気にすると、それが現実になります。実は、吉方位も凶方位もある種「思い込み」みたいなとこがあります。良い場所に行ったら良いことが起こるという思い込みが、良い運を引き寄せるということもあります。

私も良い情報はどんどんお伝えしますし、悪い情報はさらっとお伝えします。だから、あまり方位に振り回されないでほしいなと思っております。ただ、もし方位について気になる場合はぜひ柴山までご相談ください。

公式LINEアカウントでは、本当の自分に目覚める「開運体質」をつくるアドバイスをお伝えしております。登録いただいた方には生年月日をもとにしたあなただけの鑑定動画をプレゼント。無料ですので、ぜひご登録ください。

タイトルとURLをコピーしました