【ま、いっか】完璧主義から自由になる「七赤金星的」生き方とは?

ブログ

今回は、「完璧主義」についてお話ししようと思います。

完璧主義な人ってどんな人?チェックしてみよう

さて、「完璧主義」な人ってどんな人でしょうか?

・物の置き場所や起き方が気になって落ち着かないことがある
・仕事が終わらない
・優先順位がつけられない
・他人に厳しくなりがち
・理想が高いと言われる
・他人からの評価が気になる
・いつかやりたいと思いながら実行に移していないことが多い
・自分でやるほうが確実だから、仕事などを他人に任せられない
・失敗や挫折を引きずりやすい
・たまに人間関係を全部リセットしたくなる
・大きな成功を求める
・NOと言えない
・才能を求める
・感情に振り回される
・生きづらさを抱える
等々

いかがですか?

これ、半分以上あると、かなりな完璧主義者だと言えるそうです。

完璧主義になるのは、環境の影響がかなり強い

ここでお分かりいただきたいこと。
それは、この完璧主義は、生まれながらにしてそういう傾向はあるものの、生まれ育った環境の影響がかなり強く働いている、ということです。

例えば、厳しい両親に育てられたとします。言い換えれば躾が厳しい、教育熱心。

いつも何か指摘されます。
「その箸の持ち方は違う」「食べ方をもっときれいに」「走り回るな」「じっとしていなさい」「言う事を聞きなさい」「勉強しなさい」「いい学校に入りなさい」「この成績では今後の人生は暗くなるばかりだ」

兄弟や周囲の同級生と比べられて、嫌な思いを何度もしたことあるはずです。反動で、親に喜んでもらいたい、親に叱られたくないから、頑張る。完璧を目指すようになってしまうのです。

進学をはじめとして、競争社会に強制的に晒されていきます。受験に打ち勝ち、入社試験に打ち勝ち、就職後は良い成績を出し続けることが目標となります。

SNSも完璧主義に大きな影響が

最近では、SNSなどの情報も大きな影響を与えます。成功してキラキラして、物質的に恵まれた生活をしている人が「勝ち組」です。「勝ち組」になるために、勉強して、お金を儲けて、地位を得て、成功しなくてはと思います。多くの人に支持されている、評判がいい、人気がある人に憧れて、あの人と同じような行動、ファッション、考え方に自分を合わせていこうとします。

言い換えれば、この「人に認めてもらわなくては!」と強迫観念として思っているのが完璧主義であり、これが完璧主義をモンスター級に育ててしまっている原因なのです。

精神医の方のお話だと、人はもともと白黒思考というものがあるそうです。物事を良い悪いと2極で判断します。白黒つけたがります。確かに。。。

そして、犯人捜し、原因探しをするのも、人間の性だとか。これは、ある意味、1+1=2という、たったひとつの答えを出す教育にも影響があるのですが、起こった出来事の”たったひとつ”の原因を見つけ出そうとするようです。

こういった人間特有の思考によって、人は「完璧ではない」と悩み苦しむのです。

人はみな完璧ではない

ここで分かっていただきたいのは、人間はみな「完璧」な存在ではない、ということなのです。世の中で成功していると言われている人が、見えないところで尋常ならざる努力をされていると聞きますよね。

僕にとって師匠は、いつもすごい話をされていて、若いのにすごいなといつも感心させられるのですが、僕の想像をはるかに超える時間を勉強に費やしてこられたのだと思うのです。(それくらいすごい知識量です)

そして、その師匠ですら、まだまだだと言われます(成功している人ほどそうですよね)。だから、私たちが「完璧でない」「できていない」なんて当たり前なんです。

七赤金星的思考と行動で、完璧主義から脱却しよう

そこで、本日ご提案したいのが、七赤金星的思考と行動です。
これは、七赤金星の僕だから、お勧めできると思っています。

それは、

柴山
柴山

ま、いっか。

です。

七赤金星は、細かいけど大雑把な性質の持ち主。どんな時でも「ま、いっか」って思える才能の持ち主です。これは、人生で常に1/3欠けていて、完全に満足することは生きている限りあり得ないからなのです。満足するのは、五大欲求が満たされる時だけなのです。

ですので、完璧を目指すけれども、70%くらい達成したら
「ま、いっか、これくらいで。満足満足」
こんな風に感じます。面倒くさがりなので、ある程度のところまでは原因を追究しますが、疲れると仕方ないじゃん、って思います。

この70%くらい達成したらOKと考える
これが、完璧主義から解放される方法、なのです。

根拠のない自信だって、現実化しやすい

さらに「ぶっちゃけなんとかなるんじゃない!」という根拠のない自信を持つ。

先程、七赤金星は人生1/3欠けていると申したのですが、これは、生まれてくるときに、神様に運の1/3を預けてきているからだと。だから、どん底の人生にはならないよという教えから来ているのです。

ですので「人生、どん底」って感じることはあっても、「実際にそうはならないだろう」という、わけわかめ的な発想の持ち主なんですね。でも、この発想がとても大事で、人は、思考が現実化するわけですから、根拠のない自信も現実化しやすいのです。

「七赤金星的思考」になる具体的な方法とは

ですから。

・ぜひ、「完璧は良いことだ」と思うのをやめましょう。
・誰だって完璧ではなく、未熟なんだ知りましょう。
・ハプニングが起こっても、ま、なんとかなっか、と考えて、やれることからやってみる
・完璧主義の癖に気が付いた時には、自分で自分を抱きしめて「なんとなかるよ」って語ってみる
・自分で自分をほめる
・まずは「適当に」手をつけてみる
・身の回りに自分が心地よいと感じるものや好きなものを増やしていく
こんなことから、始めてみてはいかがでしょうか。

誰もが「好かれたい」「認められたい」「大事にされたい」という気持ちはわかります。でも、そうされたかったら「自分を好きになる」「自分を認める」「自分を大事にする」ことです。

七赤金星って、わりとちゃっかりしている自分好きです。そんな性格、真似してみませんか?案外、心地いいと思いますよ。

公式LINEアカウントでは、本当の自分に目覚める「開運体質」をつくるアドバイスをお伝えしております。登録いただいた方には生年月日をもとにしたあなただけの鑑定動画をプレゼント。無料ですので、ぜひご登録ください。