信用される人の特徴とは?信用される秘訣についてお話します。

ブログ

子供の頃、両親や学校の先生から「信用される人になりなさい」とよく言われませんでしたか?社会人になってからはなおさら、「顧客の信用第一」と上司に何度も言われた経験ありますよね。

でも。今のこの世の中は、果たして「信用できる」社会なのでしょうか

最近の鑑定の中でも、「信用できない」「信用されない」といったご相談が多いです。

もしかすると、いや、自分も含めて、今このタイミングで「信用」を見直した方がいい。僕の直感がそう語りかけてきました。

今回は、そんな思いから「信用」について、お話させていただこうと思います。

そもそも「信用」とはなんだろう?

「信用」の正確な意味、ご存じでしょうか?

  1. 確かなものと信じて受け入れること。「相手の言葉を―する」
  2. それまでの行為・業績などから、信頼できると判断すること。また、世間が与える、そのような評価。
  3. 現在の給付に対して、後日にその反対給付を行うことを認めること。当事者間に設定される債権・債務の関係。

辞書にはこう書かれています。ここで気づかれた方がいたら、それは素晴らしい着眼点!
「信用」というのは過去にするもの、なんです。過去に実績や実態があるもの、過去の行為や事実に対して思うことなんです。未来に対してするのではなく、これまでの行動や実績について私たちは「信用」する、ということなんです。

「信」という文字は、人の言、人の言葉から生まれています。全ては、私たち自身が発した言葉や行動が、信用を作っているということ、なんですね。「信用は一日にしてならず」というのも納得がいきます。

つまり、信用されるには、されるだけの過去の実績が大事。これまでの行動の積み重ねが、信用されているかどうかを決めるのです。

これで、日ごろの言動がいかに大事か、ということがお分かりいただけたのではないでしょうか?

信用されるためにやってほしい3つのポイント

では、信用されるには、どうしたらいいのか。ただ、日ごろの言動に気を付ければよい、ということだけではないのです。やはり、信じてもらえるように、日ごろから心がけることが大事です。

では、信用されるための具体的な行動についてお話しようと思います。

①自分を信じること

自分で自分のこと、信じていますか?ここができていないのであれば、もうスタートから躓いてしまうようなものです。

僕は昔お付き合いしている人に言われたことがあるんです。「自分を信じることができないのに、人のこと信じることなんてできないよ」と。

この時は、いろいろこじれてしまって、相手をガンガン追いかけてしまっていたのですね。追いかけていたということは、相手のことを信じていなかったということでもあります。そして、心のどこかでずっと、相手に嫌われてしまったんだと気が付いていた。

相手に嫌われている=嫌われても仕方がないんだ、そう自分のことを思っていたと思うんです。これで相手から信用されようなんて、ありえないですよね。。。

信用されたいのではあれば、自分を信じることです。「そのままでいいんだよ」とまずは自分を受け入れることです。出来損ないかもしれない、性格が偏っているのかもしれない、でも、そんな自分でもまずは生きているだけで素晴らしい!大げさでも、これくらい自分を認めてください

毎日1度でいいから「そのままでいいんだよ」と自分に言ってみてください。少しずつですが、変わっていけます。

②言動一致

次に心がけることは、言動一致。言っていることと行動を常に一致させることです。これ、意外にできてないこと、多いんです。

言っていることと行動が違うと、私たちの潜在意識には、その履歴がずっと残っていきます。すると潜在意識は「あ、この人はいつも言っていることと、行動が違う」と学習していきます。すると、それが次の言葉と行動に影響を与えていくわけですから、どんどん言動一致から外れていきます。

逆に、言葉と行動を一致させていけば、潜在意識は「あ、この人は言っていることと行動がいつも一緒だ」と学習しますので、言葉を発すれば、もう全力で行動をアシストしていくようになります。こうなると、言えば叶うという状態になります。その状況を周囲は見ているわけで「あ、この人は言っていることと行動が同じだ、信用できる人だ」と思ってくれるわけです。

まずは何か行動を起こす前に、そっとつぶやいて行動してください
「トイレに行こ」ってつぶやいてトイレに行く、「手を洗おう」ってつぶやいて手を洗う。これ、エクササイズだと思って、気が付いた時で良いのでやってみましょう。次第に身についてきますよ。

③約束を守る

人は誰でも、ごく自然に、自分が求めているものを手に入れたいと考えるそうです。

約束というのは、お互いに求めているものを手に入れるためにするものですよね。
「遊びに行こう!」「ごはんを食べに行こう!」「一緒に帰ろう!」であれば、求めているものが手に入らない、ということは大きなストレスになるわけですから、約束を破るというのは、想像以上のストレスを与えることになるのです。

たとえ損したとしても、約束を果たす。この実績の積み重ねが、信用を生むということご理解いただけたかと思います。安請け合いして果たせない約束は、最初からしないことです。

この3つのポイントを見ていただいて、どう思われますか?
もし、出来てないのであれば、できるものから少しずつ始めてみませんか?

この3つが自分の中に染みついたら、ぜひ次のことを心がけてみてください。

3つのポイントができたら、次は2つのスタンスを

続ける

思いついた時だけ、気を付けていた時だけでは、信用にはつながりませんよね。日々日々、ひとつひとつから。信用をまさに積み重ねていくことです。継続は力なりです。

区別しない

自分にかかわる人全員に対して、ぜひ実行してください。いろいろ思うこと、あると思います。ですが、もしこの人は…と思われていたら、相手との距離は自然に遠のいていくと思います。大切なのは、あなた自身のスタンスです。

3つのポイントを、この2つのスタンスでぜひ実行してみましょう。気が付けば、あなたの信用度はぐぐーんとアップしていますし、あなたの周囲には信用できる人が増えていると思いますよ。

そんな輪が、どんどん広がっていけばいいな、と柴山は思っています。

 

公式LINEアカウントでは、本当の自分に目覚める「開運体質」をつくるアドバイスをお伝えしております。登録いただいた方には生年月日をもとにしたあなただけの鑑定動画をプレゼント。無料ですので、ぜひご登録ください。