日本式風水「ひふみ風水」その二:(ふ)人生に追い風を!

ブログ

開運ひふみ風水の世界へようこそ、おいでくださいました。ありがとうございます。

前回は、今なぜ、日本式ひふみ風水が必要なのかをお伝えしました。
まさに火が消えてしまったようなこの状況に火を灯し、風を吹かせ、水に流す。
新しい時代を迎えるために、ひふみ風水が必要だと思うのです。

今回は、そんな今だからこそやるべき開運の極意
日本式ひふみ風水の極意、第2回目。ひふみの「ふ」、風についてのお話です。

自然も私たちも、もっともよい状態、当たり前の状態、普通の状態、自然な状態が「循環」していることなのです。

今回のこのウイルス感染の広がりによって、地球規模での循環が止まってしまった。これは、非常に不自然な状態なのです。まさに、地球全体が病に侵されてしまっているのです。

しかし、地球はこのまま黙っているとは思いません。現に、今週末から、日本は荒れ模様になるようです。春の嵐という予報もあります。地球自身が、風と水で浄化しようとしているのだと思います。

そうであるなら、私たち自身の病に私たち自身が立ち向かうことが大事です。未来に向かって、情熱の火を灯し、第一歩を踏み出す時なのです。

風は、この第一歩を踏み出す、踏み出してから行動するためのエネルギー。風のエネルギーがあるから、整い、実現するのです。(四緑木星の象意ですね)

私たちが動けば、風が起こり、起こった風が縁を連れてきます。
出会い、縁こそ、人生を変えるために、運が形になって私たちにやってくるのです。

さあ、家の中に風の通り道を作りましょう。
風を起こして、よいご縁を引き寄せましょう。
よいご縁を迎えるために、人知れず良いことをしましょう。
周囲の幸せを祈りましょう。

全ては循環して、私たちのもとに幸せとなってやってきます。

さあ、風を起こせ!

ひふみ風水シリーズ

公式LINEアカウントでは、本当の自分に目覚める「開運体質」をつくるアドバイスをお伝えしております。登録いただいた方には生年月日をもとにしたあなただけの鑑定動画をプレゼント。無料ですので、ぜひご登録ください。