日本式風水「ひふみ風水」その四:土、今もっとも取り入れたいエネルギー

開運ひふみ風水の世界へようこそ、おいでくださいました。
ありがとうございます。

火が消えてしまったようなこの状況に火を灯し、風を吹かせ、水に流す
新しい時代を迎えるために、ひふみ風水が必要なのです。とお伝えしてきました。

この動画をご覧いただいたお客様から、はどうなんですか?とのコメントをいただきまして、早速回答動画を作らせていただきました。

私たちの生活の中で、土に触れることはかなり減ってきていると思うんです。

僕が子供の頃は、公園の砂場は子供たちでいっぱいだったし、海も近かったので、裸足で砂浜を駆け巡っていたし、まだ道も舗装されてないところ多かったし、祖父母がやっていた畑を手伝ったりしていたし、実家の庭が父親手作りで手伝ったし。いっぱい土に触れる機会ってあったと思うんです。

でも、東京にきて僕が思ったのは、本当に土が見えないなということ。道は全部舗装されているし、コンクリートでできた建物でびっしりだし。近頃は住宅の高層化も進んでしまって、益々、土から遠ざかってしまった気がします。

私の師匠である羽賀ヒカル氏からも、高層住宅は天の気は受けやすい(直感やひらめき)けど、
地のエネルギーは受けにくい。だから、2階以上に住んでいる人は、進んで土に触れるようなことをした方がいいと、何度も聞いています。

土から遠ざかるということは、安定感、安心感が低下していくこと。落ち着きが無くなっていくことになるのです。

だからかな。僕はマンションの4階に住んでいるのですが、上から横から、子供の走り回る音がかなりしているのも土のエネルギー不足からなのでしょうね。

では、土のエネルギーをどうしたら受けられるのか。
20分間、散歩する。家庭菜園などで土に触れる。

あとは、グラウンディング。瞑想ですね。
(※綺麗に掃除をして、換気を十分に行った場所で実施してください。)

グラウンディングの方法

  1. 目を閉じてゆったりとした深呼吸を3回繰り返します。
  2. 深呼吸が終わったら、落ち着いた自然な呼吸を繰り返していきましょう。
  3. それでは自分が今座っている椅子を、大きな木の切り株だとイメージしてみましょう。
  4. 今あなたは、太くて大きな木の切り株に座って、瞑想しています。
  5. するとその切り株が、自然と自分の身体の一部になっていきます。
  6. そしたら切り株の根を通じて、地球と一体になって繋がっているのを感じましょう。
    ドッシリとした安定感が、身体全体を支えているのを感じます。
  7. イメージの中で木の根が伸びて地球の核にまで繋がります。
    ますます心が落ち着いて、安定していくのを感じましょう。
  8. 息を吐くたびに、身体の中のストレスが木の根から大地へと放出されます。
    そして息を吸うたびに、地中の豊かさのエネルギーが上昇して身体が満たされます。
  9. しばらく時間を取って、その安定感を味わっていきましょう。
  10. それではゆっくりと目を開けて戻ってきましょう。
    実際に公園の切り株でやると、なおいいかと思います。

こんな状況の今だからこそ、ぜひ、土のエネルギーを取り入れてくださいね。

ひふみ風水シリーズ

公式LINEアカウントでは、本当の自分に目覚める「開運体質」をつくるアドバイスをお伝えしております。登録いただいた方には生年月日をもとにしたあなただけの鑑定動画をプレゼント。無料ですので、ぜひご登録ください。

タイトルとURLをコピーしました