寝不足じゃないのに、眠くて仕方ない・・・そこに秘められた3つの理由とは?

ブログ

寝ても寝ても、眠くて眠くて仕方がない時、ありますよね。実は、この「眠くて仕方がない」というのは、私たちにとって、とても大切な生理現象、いや、スピリチュアル現象だということをご存じでしょうか?

実は、「眠くて眠くて仕方がない」には3つの意味があるのです。

①体を緩ませリラックスさせる

温泉に行ったり、神社でお祓いしたり、神社参拝した後、眠くなります。これは、体が緩んでいる、という証なんですね。温泉のあたたかな気、神社の清々しい気に触れることで、私たちの心と体は緩むのです。

多忙な現代人ですから、こうして眠らせないとちっとも緩んでくれないのです。言い換えると、リラックスモード、だと言えますね。

②邪気に触れた体を浄化させる

邪気に多く触れていると、眠くなります。私たちは普通に生活をしているだけで、知らず知らずに邪気を受けます。邪気を受けるのは、疲労を感じることと実は同じなんですよね。

この疲労が溜まってしまうと、体と心が冷たくなって、生体エネルギーが下がります。この体を回復させるために、眠さを感じるのです。ここで眠らないと、心と体は悲鳴をあげ、やがて病気となります。例えば神社でご祈祷を受けた後、とても眠いということがあるのですが、これは邪気が抜けていくからなのです。

これも言い換えると、浄化モードだと言えます。浄化すると眠くなるということですね。言い換えれば、良質な睡眠は、浄化だということになります。

確かに入浴したあと、眠くなるのは、「①リラックス」して「②浄化」されているからなんですね。入浴の重要性がこれでおわかりいただけたかと思います。

③人生が変わるサイン

やたら眠いのは、人生の流れが大きく変わる「前兆」なんです。

私たち個人個人には、特有のバイオリズムがあります。九星気学の場合、5年かけて運気が上昇し、5年かけて運気が下降すると言われています。算命学の場合、10年周囲で人生の取り組むべき課題(テーマ)が変わります。四柱推命の場合、12年周期で、自力(自分の力で生きていく)時期と他力(周囲の力を借りて生きていく)時期とわかれます。

このように、私たちは定期的に新しい展開へと大きく変わる時があるのです。言い換えれば、それは、自分をアップデートしている時ということですね。

スマートフォンでイメージしていただけるとお分かりだと思うのですが、アップデートの時は、アプリやネットは使えませんよね?これと同じで、私たち自身をアップデートする際には、思考の身体も一旦休止する必要があるのです。

ずっと考えていて、忙しくあちこち行動していたら、いつまでもアップデートできない、新しい展開に進めないのです。ですので、生理現象がブレーキをかけて、眠れ眠れと誘導するということなんです。あとは、新しい展開になると一気に多忙となるために、心と体を準備させておくという意味もあるんです。

よく考えると「①リラックス」も「②浄化」も、全て「③人生が変わる」ために必要な現象なんですよね。

季節の変わり目というのは、運気の変わり目でもあります。お出かけなど楽しまれるのも大事ですが、思いっきり休んで、ゆっくり眠るということも大事です。眠くて眠くてと思われたら、ぜひ、たっぷりと睡眠をとってくださいね。寝すぎて損した!なんて思わないように。

公式LINEアカウントでは、本当の自分に目覚める「開運体質」をつくるアドバイスをお伝えしております。登録いただいた方には生年月日をもとにしたあなただけの鑑定動画をプレゼント。無料ですので、ぜひご登録ください。