【陰陽五行】『水』(一白水星):笑顔の行方。ユーモアある魅力が人をひきつけ、人を結ぶ。

ブログ

今回は開運陰陽五行 最後のエレメント。『水』のエネルギーについてお伝えします。

生命の源、人間関係の源、潤い。『水』はなくてはならないエネルギーです。

水の笑顔はとてもチャーミングなんです。なんとも言えない、優しい笑顔。ただ、この笑顔の内面がわかりにくいのです。

みず→見ず→観ず、だから見えない。
なぜ見えないか。水のエネルギーが司る時間帯が、23時~1時。漆黒の闇が包む夜だからなんです。人間は闇を恐れる生き物です。ここから、孤独や恐れという意味につながります。恐れを隠すために、笑顔を作るということになってしまいますね。

しかし。みずではなく「すい」となれば

すい【推】 の解説
おしはかること。推察。

すい【粋】 の解説
1. まじりけのないこと。また、そのもの。純粋。
2. すぐれているもの。えりぬき。
3. 世情や人情に通じ、ものわかりがよく、さばけていること。特に、遊里の事情などによく通じていて、言動や姿のあかぬけていること。また、そのさま。いき。

相手の気持ちを汲み、すごく純粋な気持ちの笑顔。相手を気持ちよくさせる笑顔、ということなんですね。

「みず」ではなく「すい」にするために必要なのは、「氷」という冷たい個体から「水」というどこにでも染み込むことができる液体へ。さらに、「水蒸気」という熱くて軽いエネルギーを目指すことが大事なのです。

そのためには、を耕しを育て、で切り倒してを燃やし、そのエネルギーをに与えていくことですね。これは、剋する関係。そうです、ある意味苦労が大事だということなんです。

でも、があれば、は育ち、の燃料となり、燃えてになり、が凝縮してが生まれ、が冷えてまたとなる。五行の循環となるのです。

だから、人は水のそばで暮らし、文明を生み出し、発展してきたのだと思います。その適応力、柔軟性を活かして。また、日々の暮らしの中で、人と人とを結ぶ。そこから、おおらかさやユーモアが生まれてくるのです。

水は情報の貯蔵庫と言われています。いい情報が入った水をいただくことで、運気を上げていくことができます。きれいな水、地球という情報が書き込まれた大地から湧き出た水は、
何物にも代え難い貴重なものなのです。

これから水が本当に貴重になってくるでしょう。日本は元々、水の豊かな国。だから、一白水星は日本なのかもしれませんね。

ぜひ、毎日きれいな水をいただいてください。1日2リットルが目安です。ガラスでできた花瓶を置いてお気に入りの花を飾りましょう。窓ガラスはなるべく綺麗にして、良い気を取り込む環境を作りましょう。水槽を置くのもいいですね。

黒い食べ物(海藻、貝類、黒ゴマ、黒豆、蕎麦)や、クルミ、小豆、お味噌、エビ、黒豆茶。こういった食物も、水のエネルギーを取り込めますよ。ぜひ。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。今回で、開運陰陽五行は完了となります。

陰陽五行で大事なのはバランス。どれが多くても少なくてもいいというものではありません。不足を補い、余分は出す。そうやってバランスをとっていけば、心身共に健康であり、開運にもつながります。ぜひ、皆さまの日常に、お役立てくださいませ。

開運陰陽五行シリーズ

公式LINEアカウントでは、本当の自分に目覚める「開運体質」をつくるアドバイスをお伝えしております。登録いただいた方には生年月日をもとにしたあなただけの鑑定動画をプレゼント。無料ですので、ぜひご登録ください。