【2021年6月の運勢】春が訪れる前に「臨機応変」を身につけましょう。

ブログ

6月の運勢をお届けします!

いよいよオリンピックが近づいてきておりますが、中々、思うように私たちに情報が開示されません。物事は全て天の時がある。運命学がそう言っています。

これまで私たちは従うことが多かったですよね。でも、これからはどうやら違うようです。私たち自身も、自分で決めて自分で歩いていかなくてはならない。自主性が求められるでしょう。

その前の生みの苦しみが、6月。
確かに、苦しい。でも、これまでのように、出口のない苦しみではない。

初夏を過ぎて夏が間近ですが、ようやく春がもうすぐそこまでという予感がします。

臨機応変をご提案しました。ただ受け身でいるだけでなく、状況に応じて、自分をどんどん変化適応させていくこと。これを今月学び取っていただきたいです。

一白水星

霧の中の一歩が命取りに。学びの力が霧を晴らす。
学ぶ時です。人の話をよく聞いてください。

二黒土星

日輪天に輝く。しかれども光が強ければ影も濃い。心して当たれ。
チャンスがやってきます。自信を持ちましょう。節度を心がけてください。

三碧木星

天地を貫く運命。大河の声なき声に従え。その大河があなたを大海へ導く。
従うことです。受け身で過ごしましょう。決して無理なさいませんように。

四緑木星

雷は人を驚かす。しかし雷がいくら鳴っても心を定めていれば平常心を保つことができる。
ハプニングの予感です。調子に乗りすごないこと。積極的かつ落ち着いて。

五黄土星

陽のエネルギーは大地を動かす。驕るな。自重せよ。
可能性を信じて前進してください。心を引き締めて、さあ、努力あるのみです。

六白金星

深く強く長く本質を見つめよ。思い込みから離れよ。形に囚われるな。
精神性が大事なときなのです。心静かな時間を持って。瞑想おススメです。

七赤金星

結果はプロセスの集積。心をこめて準備せよ。プロセスを楽しめ。
運気修復の兆しです。上向いてきます。用意周到を心がけてください。

八白土星

泰然なる運命を悦びの心で受け止めよ。あくまでも緩やかに。
新規が増えていきます。軽快になるがここはバランスを重視してください。

九紫火星

ボタンを掛け違うと物事は動かない。今一度原点に立ちかえれ。
思わぬトラブルの予感がします。丁寧に丁寧に。周囲の声にこたえてくださいね。

どうぞ、最高に幸福な1か月となりますように。お祈りしております。

公式LINEアカウントでは、本当の自分に目覚める「開運体質」をつくるアドバイスをお伝えしております。登録いただいた方には生年月日をもとにしたあなただけの鑑定動画をプレゼント。無料ですので、ぜひご登録ください。